投稿日:2021年7月23日

雨樋の劣化を放置することで発生する3つのリスク

こんにちは!砺波市・高岡市をはじめ富山県を中心に活動する希々工房と申します。
外壁の張り替えや雨樋の修理など、各リフォーム工事を行っている会社です。
今回は「雨樋の劣化を放置することで発生する3つのリスク」をテーマに解説します。

雨音が大きくなる


「今日は雨なのに、うるさく感じない」そんな経験がありませんか。
雨音がうるさく感じないのは、雨樋が雨水を受け止めて地上に流しているからです。
雨樋に問題があれば雨水が直接地上に降り注ぐことになり、うるさく感じられます。
雨音は時に人をイライラさせ、ストレスの原因になるケースが珍しくありません。
余計なストレスをため込まないよう、雨樋の清掃・修理をご検討ください。

泥水が跳ねて外壁を汚す

雨が直接地上に降り注ぐと、衝撃によって泥が跳ね外壁を汚す要因となります。
「外壁にポツポツと泥が跳ねているな」そんな経験がありませんか。
泥が跳ねている状態が続けば、いずれは汚れが取れなくなる恐れが考えられます。
大きなシミとなって、外壁に残ってしまうケースも少なくありません。
大切な建物を守るため、雨樋の問題に気付いたら希々工房にご相談ください。

雨水が建物に浸入する可能性も

雨樋が雨水を受け止めないことで、建物の隙間から雨水が内部へと潜入する可能性があります。
「たかが雨水」と考えるのは危険です。
雨水が建物の内部に浸入すれば、天井にシミができたりカビの発生を助けたりするリスクが考えられます。
万が一カビが大量に発生すれば、人の健康を阻害する恐れも考えられるでしょう。
「雨樋のたわみがすごい」「傾斜がおかしい」そんなときは、気軽に希々工房にお任せください。

新規お取引先を募集しています


希々工房では、新規お取引先を募集しています。
各リフォーム工事のご要望はありませんか。
「雨樋の状態が気になる」「外壁の耐久性をもっと上げたい」そんなときは、希々工房にお任せください。
希々工房では、雨樋工事・屋根板金工事・外壁板金工事を行っています。
雨樋は建物の安全を守る需要な役割を担っています。
雨樋に異常があれば、外壁が汚れたり雨漏りの原因になったりする恐れが考えられるでしょう。
屋根に問題があれば、隙間から害虫が忍び込むといったリスクが考えられます。
雨樋・屋根・外壁の問題に気付いたときは、ぜひ希々工房にご相談ください。
お問い合わせは、電話またはお問い合わせフォームから可能です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

希々工房
〒939-1301
富山県砺波市石丸72
TEL:0763-23-4147 FAX:0763-23-4147


関連記事

出会いに感謝 2

出会いに感謝 2

前回の続き 何回かF様と携帯でお話をしたりしていました。8月の第1土曜日にケーキ屋さんに行きましたら …

樹脂サイディング開始

樹脂サイディング開始

沿岸地域で、樹脂サイディングのリフォームスタートしました。 水切など切口は塗料を塗り錆びないようにし …

納屋外壁工事完成

納屋外壁工事完成

納屋の外壁工事が完成しました。 蔵の面影が残る建物でしたので、工夫し細かい所もしっかり施工してありま …