投稿日:2021年7月20日

こんな状態になったら雨樋が劣化しているサイン

こんにちは!砺波市・高岡市をはじめ富山県を中心に活動する株式会社希々工房と申します。
外壁の張り替えや雨樋の修理など、各リフォーム工事を行っている会社です。
今回は「こんな状態になったら雨樋が劣化しているサイン」をテーマに解説します。
雨樋が劣化すると、どんな症状が発生するのでしょうか。
雨樋について、ぜひ詳しくなってください。

雨樋が破損している


雨樋が破損していたら、かなり劣化が進んでいる恐れがあります。
たとえば雨樋がひび割れている・穴が開いているといったことがあったら、注意してください。
雨樋は劣化の症状が進むと強度が損なわれ、衝撃を受け止めるのが難しくなります。
そのため強風や地震などの影響によって、破損してしまうケースが少なくありません。
雨樋に少しでもひび割れや穴を見つけたら、早めに対処していきましょう。

傾斜がおかしい

雨樋は雨水をスムーズに地上に流すため、少し傾いたつくりになっています。
しかし雨樋の劣化が進むと、傾きすぎたり方向がおかしくなったりして雨水がスムーズに流れなくなることがあります。
雨水が地上に流れなければ、外壁を汚したり雨漏りの原因になったりする恐れが考えられるでしょう。
雨樋の傾斜を正しい位置に戻すためには、確かな知識と技術が必要です。
ぜひプロにお任せください。

たわみが発生

雨樋の耐久性が損なわれ、たわみが発生することがあります。
雨樋にたわみが発生すると、ダランとした状態になり雨水を受け止められず外壁を汚してしまう恐れが考えられるでしょう。
外壁に雨だれによる汚れが発生すると、清掃のためかなりの時間がかかります。
雨樋のたわみに気付いたら、早めに雨樋の修理や交換をご検討ください。
株式会社希々工房が迅速かつ丁寧に対応します。

新規お取引先を募集しています


株式会社希々工房では、新規お取引先を募集しています。
各リフォーム工事のご要望はありませんか。
住宅は一部をリフォームしただけでも、驚くほどに様変わりします。
「最初はきれいな建物だったのに、劣化が目立ってきた」そんな悩みを感じていないでしょうか。
住宅の屋根や外壁が劣化すると、耐久性はもちろん見た目にも大きく影響します。
金属屋根や金属系サイディングによって、建物のイメージを変えてみませんか。
株式会社希々工房が依頼主様の悩みに寄り添い、ヒアリングからアフターフォローまでを丁寧に行います。
電話またはお問い合わせフォームから気軽にご相談ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社希々工房
〒939-1301
富山県砺波市石丸72
TEL:0763-23-4147 FAX:0763-23-4147


関連記事

T様邸 外壁リフォーム工事

T様邸 外壁リフォーム工事

外壁・屋根を含む建築板金工事のことなら、株式会社希々工房におまかせください! T様邸 外壁リフォーム …

樹脂サイディング開始

樹脂サイディング開始

沿岸地域で、樹脂サイディングのリフォームスタートしました。 水切など切口は塗料を塗り錆びないようにし …

樹脂サイディング

樹脂サイディング

先日 トステムさんの樹脂サイディング施工研修を従業員とうけました これから始まる海岸の近くの住宅のリ …

最近の投稿

2023/04/27

LIXIL

2023/04/07

皆さんの幸せを願って

2023/02/03

焼き芋焼き器

2022/11/24

T様邸 外壁リフォーム工事

2022/10/15

傘立て