投稿日:2021年7月17日

建物に使われる建築板金種類と特徴をご紹介!

こんにちは!砺波市・高岡市をはじめ富山県を中心に活動する株式会社希々工房と申します。
外壁の張り替えや雨樋の修理など、各リフォーム工事を行っている会社です。
今回は「建物に使われる建築板金種類と特徴をご紹介!」をテーマに解説します。
建物には、さまざまな建築板金が使われているのを知っているでしょうか。
建築板金についてぜひ詳しくなってください。

ガルバリウム


ガルバリウムとは、鋼板の上にアルミ・亜鉛・シリコンを重ねたものを指します。
幾重にもメッキが重なり、横から見るとサンドイッチのような見た目になっているのが特徴的です。
ガルバリウムは耐久性が高く、サビに気を付ければ時に40年以上も持ちます。
ガルバリウムのメッキが剥がれないように注意しながら、定期的にメンテナンスを行っていきましょう。

ステンレス

ステンレスとは、クロムを用いた建築板金を指します。
サビにくい・熱に強い・加工がしやすいといった特徴が存在し、建物に使うのに向いている建築板金です。
建物は雨風にさらされることも多いため、サビにくさは大きな魅力です。
一方で傷がつきやすく繊細な面も持っているため、注意しながら扱う必要があります。
ステンレスに1度傷がついてしまえば、完全に修復するのは難しいです。
ステンレスの扱いに長けたプロにお任せください。

亜鉛メッキ

亜鉛メッキとは、亜鉛による薄い膜を表面に使った建築板金を指します。
一般的にはトタン板と呼ばれ、サビが発生しにくい・強度の高さが特徴的です。
一方で表と裏のメッキの厚さを変えるのが難しい・表面に模様が出てくる恐れがあるといったデメリットもあります。
亜鉛メッキは扱い方さえ間違わなければ、頼りになる建築板金です。
亜鉛メッキについて、更に知りたいときは、気軽にご相談ください。

新規お取引先を募集しています


株式会社希々工房では、新規お取引先を募集しています。
各リフォーム工事のご要望はありませんか。
株式会社希々工房の優秀なスタッフが、依頼主様の悩みを解決します。
雨樋や屋根、外壁は年月が経つごとに劣化していくのが一般的です。
雨樋・屋根・外壁の劣化を放置すると、雨漏りや外壁のひび割れを起こすリスクを高まります。
大切なのは住宅の異変に少しでも気づいたら、早めに対策を行うことです。
株式会社希々工房には、確かな技術を持ったスタッフが在籍しています。
「雨樋の形がおかしい」「外壁を新しくしたい」そんなときは、気軽に株式会社希々工房にご相談ください。
お問い合わせは、電話またはお問い合わせフォームから対応しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社希々工房
〒939-1301
富山県砺波市石丸72
TEL:0763-23-4147 FAX:0763-23-4147


関連記事

鉄骨の車庫

鉄骨の車庫

鉄骨に角波を張ってます オーバーハングを付け、水抜きのあなを空けました。 ダークブルーの角波 役物・ …

板金工事・外壁サイディングなら弊社にお任せ!

板金工事・外壁サイディングなら弊社にお任…

こんにちは!富山県砺波市の希々工房です。 弊社は、屋根板金工事・外壁板金工事・雨樋工事および金属加工 …

最近の投稿

2024/04/26

2024/04/26

2023/04/27

LIXIL

2023/04/07

皆さんの幸せを願って

2023/02/03

焼き芋焼き器